総額表示からの解放を目指す
ソーシャルデザイン機構のサイトへようこそ
ソーシャルデザインとは、地域、日本、世界が抱える課題を市民の皆さんの創造力で解決に向けて挑戦することissue+design

違憲である総額表示【価格+消費税】を眞価格表示【価格+5%拠出金】に代えると「お金の流れを変え、お金の漏れに栓」ができ、ソーシャルデザインが可能です。

それには、各地域のソーシャルデザインの旗手のもと、狽T%拠出金の還流により独自財源を確保して、借金時計の動きを止める、頻発する災害に備える、行政末端のコミュニティの活性化により格差を縮小する地方創生に資源を投入する、など様々な課題に住民権限を発揮できる枠組みが必要です。

眞価格表示方式が何れ一般的になっていくと事業者の価格戦略が各界で騒がしくなるのであらかじめ萩衷o金の還流システムのイメージを示します。

法的に妨げのない5%拠出は消費者の意思を反映するようにして、各地域のコミュニティがイメージのStege3への移行に賛同すればその地域のソーシャルデザインは促進されるでしょう。

ソーシャルデザインの旗手登録/ソーシャルデザイン機構会員登録をしませんか?
総額表示特別措置法に係る違法行為の差し止め請求事件の初公判は来月10月3日です

公告サイト  since 2001.06.08 updated 2017.09.23 
ソーシャルデザイン機構 NPOセルフデクル iso@selfdecl.jp 理事長 清水 博(プロフィール)
〒524-0011 滋賀県守山市今市町139番地4  Copyright© 2003 セルフデクル All Rights Reserved